学校法人 産業技術学園 北海道メディカル・スポーツ専門学校

MENU

柔道整復師 治療からリハビリまで行う
国家資格
ケガスペシャリスト

柔道整復師って
どんな仕事?

手技療法を用いてケガの治療・リハビリを行う国家資格。
医師以外でケガの治療を行えるのは柔道整復師のみ。

「柔道整復師」と言っても、柔道選手を専門とする仕事ではなく、
ありとあらゆるスポーツ選手を診て、確かな知識と経験を持って治療に当たる、それが柔道整復師です。
日常生活から競技復帰まで、ケガした瞬間から全てを支え、サポートするのが柔道整復師のお仕事です。

  • 徒手検査ケガの部位と特定
  • 整復骨・関節を正常位置に戻す
  • 固定ケガを早く治す
  • リハビリテーピング早期の復帰
01.徒手検査

徒手検査は道具を使わない検査方法で、問診・視診・触診とともに患者に直に接して行う評価となるため、信頼関係を築く上で重要なものです。
徒手検査によってケガをした部位が特定されるので、治療方法や復帰までのプログラムを決定していきます。

02.整復

骨折や脱臼、ときには捻挫でも骨や関節を正常の位置に戻す整復を行います。手術をせずに治療を行うため、身体への負担が軽くなります。この整復が認められているのは医師の他には柔道整復師のみとなっています。

03.固定

ケガをした部位の再受傷の防止や早期回復を目的として固定を行います。
痛みをかかえる中での練習や試合に参加できるようテーピングで補助をしたり、ケガ予防や復帰後の不安解消のためにもテーピングを用いることがあります。

04.治療・リハビリ

ケガからの早期復帰やスポーツ復帰のために、物理療法や手技療法、トレーニングなどを用いて、治療やリハビリを行っていきます。

柔道整復師と理学療法士の
違いって?

柔道整復師は治療から
リハビリまで行うケガの専門家

よく混同されがちな理学療法士と柔道整復師。どちらもリハビリを担当することが多く、どちらも国家資格です。
異なる点は、理学療法士があらゆる症状のリハビリを専門に行うため、医師による治療後から担当しますが、柔道整復師はケガの治療とリハビリの療法を担う仕事だという点です。

  ケガ 病気 高齢者 その他
医師 治療 治療 治療 治療
理学
療法士
リハビリ リハビリ リハビリ リハビリ
柔道
整復師
治療リハビリ

柔道整復師はケガの
スペシャリスト!

   

医師はあらゆる患者様の「治療」を、理学療法士は、あらゆる患者の「リハビリ」を担当。
柔道整復師は、“ケガ”に特化して治療とリハビリを担当します。

DATAで見る柔道整復師の
メリット

広がり続ける活躍フィールド。
ますます望まれている
柔道整復師。

年々、施設所数も増え、柔道整復師の就業者数も増加しているものの、施術所だけでなくスポーツジムや病院、
プロアスリートチームなど活躍の場を増やしている柔道整復師の数は不足している状況です。
超高齢社会に突入した日本では今後ますますその需要は増えていくと予想されています。

年収

0

柔道整復師

0

理学療法士

※エリアや就業先、経験年数によって異なります。
初任給における平均年収ではありません。

柔道整復師人口と施術所数の推移

私が柔道整復師を
選んだ理由

怪我で思うように結果が出せない。
そんな患者さんをサポートできるのが柔道整復師

私が柔道整復師になりたいと思ったのは高校生のときに怪我で悩まされている時でした。怪我で思うように結果が出せず苦しんでいるときに高校の先輩にメディスポの附属接骨院を紹介してもらい、そこで柔道整復師という職業を知り、怪我や悩みに対し親身に接してくれたことで柔道整復師になりたいと強く思うようになりました。
メディスポに進学を決めたのは国家試験に合格するためのサポートが充実しているだけでなく、実際のスポーツ現場で活躍している人たちから直接話を聞けるという点が決め手です。
現在私は札幌の整形外科で勤務しています。整形外科では若い人から高齢の人まで幅広い患者さんと触れ合い、様々な外傷の治療や傾向を知ることができます。多くの外傷やその状態、怪我をした人をみることができるのが整形外科で働く大きな魅力。就職したばかりで毎日が勉強ですが、多くの経験を積み、誰からも信頼される柔道整復師になっていきます!

札幌
環状通東整形外科勤務

垣副 翔太さん

2018年度卒業

患者さん自身に寄り添いながら
治療計画を立て、心の支えになれる仕事

私が柔道整復師の道に進もうと思ったきっかけは、高校の部活で怪我をしてしまった時にお世話になった接骨院の先生がきっかけです。
最初は理学療法士と柔道整復師という2つの職業で迷い、悩んだ結果、柔道整復師という道を選びました。 決め手は柔道整復師のほうが患者さん自身に寄り添いながら治療計画を立て、心の支えることができると思ったからです。怪我を治してくれたことももちろん一つのきっかけなのですが、怪我をした時の不安や辛さなどのメンタル面でも支えてもらい、将来、自分も同じような悩みを抱えてる人の支えになりたいという強い思いがありました。
メディスポでは、とても充実したカリキュラムであり、国家試験対策をしっかりとご指導してくださる先生方がたくさんいてくれて、友達と同じ目標に向かって励ましあえる環境が十分整っている学校です! 三年間で私は何事にも諦めないで努力し続けることの大切さを学び、それに気づき行動することができるようになったのが一番の成長です!

札幌
こころ整骨院

藤田 茉優さん

2018年度卒業

チームのコンディションを左右する
重要なポジションだと感じたから

本当に自分に合う「何か」を探していた時、偶然、僕の目に止まったのはHMSの柔道整復師学科。勉強や実習を重ねるうちに、スポーツを支える楽しさにのめり込み、鍼灸学科にも通うことに。HMSは資格取得に対するカリキュラムが整っています。柔道整復師・はり師・きゅう師の医療系国家資格取得は、手厚い学びのサポートが後押ししてくれたから。現在はラグビーのプロチーム「日野自動車レッドドルフィンズ」に所属し、選手に対して鍼やテーピングなどを行っています。アスリートの世界はシビアで、自分の治療が良くも悪くも結果にすぐに結びつきます。「チームファースト」「コンディションファースト」「選手ファースト」を心がけ、チームの強化を図り、ゆくゆくはスキルを高めて代表チームにも帯同したいです!

日野自動車レッドドルフィンズ
メディカルトレーナー

江口 亮大さん

柔道整復師・鍼灸師 2008年度柔道整復師学科
2013年度鍼伮師学科卒業 
北海道七飯高等学校出身

自分にあった道を選択できる職業です

  • 開業して自分の整骨院を持てる!

    「開業権」をもっている資格であるため、病院や整骨院で経験を積んだ後、その経験を活かして整骨院を開業でき、自分のスタイルで働くことができるので、年収1,000万円以上も夢ではありません!

  • スポーツトレーナーになれる!

    「スポーツチームのメディカルトレーナーとして活躍することも可能です。最近では、整骨院でもケガの治療以外にケガの予防やパフォーマンス向上のためのコンディショニングを実施しているところもあります。

  • 病院で安定した勤務ができる!

    整形外科などで勤務しリハビリテーションにかかわることも可能です。病院勤務をすることでプライベートの時間を充実させることもできます。