検索結果

トップ >  学科紹介 >  柔道整復師学科 > 柔道整復師学科とは

柔道整復師学科
柔道整復師学科とは
スポーツに強い手技を。
骨折やねんざ、肉ばなれなど、ケガの種類は多種多様。
本校ではスポーツ外傷・障害といった、スポーツの現場にまつわるケガに、とりわけ強い柔道整復師を育みます。
将来の活躍フィールド
スポーツトレーナー
接骨院整骨院
独立開業
医療機関
」福祉施設
柔道整復師学科の学び
柔道整復師学科の学び
メディスポの柔道整復師学科で学ぶメリットは?
1.
柔道整復師の合格は大前提。
900時間のカリキュラムがそれを可能に。
本校が目指しているのは柔道整復師の資格取得100%。それを可能にするために、1年時から国家試験対策授業を組み込み、知識と技術の両方を習得できるよう徹底的にサポート。合格を確実にするために、通常授業以外にも900時間の手厚いカリキュラムを提供し、国家試験対策の補習や合宿勉強も実施しています。夢を叶えるためには資格取得は大前提なのです。
柔道整復師学科のメリット1
2.
あらゆる領域に対応できる、圧倒的な手技。
それが身につく実技の数々。
柔道整復師の技量を問われるのが手技。本校では将来に役立つ高度で幅広い手技をマスターできるように、実技を中心としたカリキュラムを500時間以上も設定しています。同時にスポーツ、東洋・西洋医学、福祉など多彩な分野の知識も学ぶことで、手技を活かして活躍できるフィールドをワイドに。あらゆる領域で治療できる柔道整復師を育んでいます。
柔道整復師学科のメリット2
3.
学生のうちから患者様と向き合える
リアルな現場で、経験値を。
本校の校舎内には地域の方や学校関係者、さらにスポーツ選手が施術(治療)を受けにくる附属の接骨院を設けています。3年次にはここで実際の患者様と向き合う臨床実習を経験。プロの「リアル」の現場を体験することで、実務に通じる経験値を積みます。放課後の空いた時間には1年次でも見学実習ができるので、早いうちから積極的に活用することで、実践的なスキルを学べます。
柔道整復師学科のメリット3
4.
トレーナーの仕事も実践できる場を用意。
柔道整復師学科の授業もさることながら、本校ではスポーツトレーナーの基礎を学ぶのに最適な環境を用意。「アスリートサポートクラブ」や「jikeiスポーツクラブえにわ」は授業で得た知識や技術を実践できる格好の場所。プロのトレーナーやスポーツ選手、指導者のサポート活動を通じてスポーツ業界で活躍するために必要なスキルを実践的に学べます。
柔道整復師学科のメリット4
5.
「治療のできるトレーナー」に、一直線。
それがWスクールカリキュラム。
本校では柔道整復師と同時に、アスレティックトレーナーを筆頭とするスポーツ資格の取得や鍼灸師を最短距離で目指せます。午前中にスポーツ学科の授業を受けてもよし、夕方から鍼灸学科を履修してもよし。Wスクールカリキュラムは、学費も大幅に減免されます(3年間で105万円減免)
柔道整復師学科のメリット5
柔道整復師学科の就職と資格

平成27度3月卒業就職実績

100%
求人件数
199
求人数
610

柔道整復師 平成28年3月卒業生国家資格合格率

88.6%
全国平均
82.2%